ワンコの体温調節

暑いとき、人間は全身に汗をかいて体温調節をします。
では、ワンコの場合はどうでしょう。

ワンコには肉球(足の裏と指の間)にしか汗腺がなく、
発汗による体温調節ができないので暑さが苦手です。

ワンコは汗をかく代わりに、だらりと舌を出して、
「ハアハア」と激しく呼吸することで、
唾液を蒸発させて熱を体の外に放出します。

舌から気道にかけての部分を唾液で濡らし、
その水分を蒸発させることで体温を下げるのです。

暑い日に、舌からぽたぽた落ちるよだれは、
実は体温調節のためなのです。

もちろんハーハーいいながら息してるのも
そのためだったのです。
150808_105831.jpg

この記事へのコメント