ダニ媒介性感染症の恐怖

2016/06/04 12:01
ダニ媒介性感染症について ご存知のこととは思いますが、 再認識しておくために書いておきましょう。 2012年の秋に日本で初めてマダニ感染の 「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」 の死亡者が出ました。 この病気は、 新しいウイルス(SFTSウイルス)に 感染することによって引き起こされる病気です。 SFTSウイルス(SFTSV)に感染すると 6日〜2週間の潜伏期を経て、発熱、 消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛) が多くの症例で..

続きを読む

もっと見る